パズル&ドラゴンズの課金を我慢するのは大変だ

パズル&ドラゴンズは文句なく面白い。これだけは絶対に確かです。
うまくできていると感じるのは課金をしなくてもそれなりに遊べてしまうのですが、本格的にパズル&ドラゴンズを極めようとすれば課金をしなければ話にならないということでしょう。そこに、製作者の絶妙な感覚が感じられます。
始めの内は課金などをしなくてもどんどん進むことができますが、ある程度のレベルになってくるとなかなか前に進まなくなってきます。せっかくいいところまで進んだのに魔法石がないために魔法石の追加がなしでは泣く泣くあきらめてしまうことも多いでしょう。それなら、一日に一個以上の魔法石が溜まることが多いのですから、いざというときの為に魔法石を貯めておけばよいのですが、実際には、遊びたい一心で貯めるつもりでいた魔法石をついつい使ってしまっていてなかなか貯めることはできないというのが普通ではないでしょうか。あと一つか二つの魔法石があれば、クリアーできるものを諦めることは非常に残念なものです。またそこにも製作者の絶妙な感覚があります。
聞くところによれば、パズル&ドラゴンズの課金収入はびっくりするくらいすごいということですから、私だけではなくかなりの人が私と同じような感覚になり、同じように感じて、そしてついには我慢できずに魔法石を購入してしまうのでしょう。さすがに未成年の人には保護者に確認を取るように推奨していますが、本当にそうしているのかはかなり疑問に感じます。
私自身も何回も課金して魔法石を購入しようとしましたが、最後の最後で思いとどまったことが何回もあります。なぜ購入しなかったのかといえば、一度購入してしまえば、二回目に購入することはもっと躊躇がなくなるので、かなりの頻度で購入してしまいそうな気がしたからにほかなりません。いったいどこまで、我慢できるかわかりませんが、レベルが上がるにつれて、購入したいという欲求は増えるばかりです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ