会社の皆がプレイしているからついにパズドラデビューしました

私は人が話題にしているものは意地でもプレイしたくない、見たくないといったちょっとひねくれた人間なのです。ちょっとひねくれた人間ですから、パズル&ドラゴンズとういゲームが話題になった時も「一生プレイするもんか」と変な意地を張っていました。私は昔からこういうひねくれた性格をしていましたから、友達も少なく、また恋人も出来てはすぐ別れるということを繰り返していました。趣味も少し人が選ばなさそうな、一般的な流行りから外れそうなものを選んで楽しんでおり、服もまた同じように人とは違ったものを好んで着用しておりました。人から見たらサブカル気取りのひねくれ男に違いないわけなのですが、私としてはどうでもよいことでありました。
そんな私が実は最近パズル&ドラゴンズをプレイし始めたのです。冒頭にこれだけ自分がひねくれているということを書いたので、さぞやびっくりしてしまった読者の方もいるかもしれません。ですが私がパズル&ドラゴンズをプレイすることになったのにはとある理由があったのです。
その理由というのは就職先の会社でなんとこのゲームが大流行していたわけです。大学の友達であれば話題についていけなくても別の話題に切り替わるのを待てばよいだけなのですが、会社での同僚、上司となると話は変わってくるのです。なぜなら会社でのつながりというのはそのまま仕事の内容につながってくるので、良い仕事がほしければ、会社でのポジションを良い物にしておきたければ会社の人とのコミュニケーションは円滑であるほうがよいに決まっているからです。
また、社内コミュニケーションというものはその時その時を大切にする必要があります。大学の時のように次の機会、話題が訪れるのを待っていたら孤立してしまうのです。
社内で孤立することを避けるために私はパズドラをプレイし始めたわけですね。では肝心のゲームについてはと言うと…。実はまだ全然分かっていないんです。当分空いた時間はパズドラに費やすことになりそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ