パズル&ドラゴンズはなぜ進化し続けるのか

パズル&ドラゴンズってとっくにブームが過ぎ去っているイメージを持っていませんか?甘いですね。未だにハードコアなユーザーから支持されていて、今もなお高いシェアを誇っていますよ。そうはいっても、普通に運営していたら、少しずつユーザーって離れていくものなんですよね。運営サイドもそれが普通と考えていて、人が減ったら捨てればいいやみたいな感じで、新しいゲームを展開したりすることが主流なんですが、パズル&ドラゴンズはそこが根本的に違うんです。

普通は運営って適当に公式ページを使ってのらりくらりと、殿様営業するんですが、パズル&ドラゴンズは全然違います。いや、他の運営も必死に運営しているのかもしれませんが、ユーザー目線で適当な運営しているように見える以上は、のらりくらりの適当運営しているのと一緒なんですよ。サービス業なんでそこのところを履き違えないでほしいです。

話がズレたので元に戻しますが、パズル&ドラゴンズの運営って自分たちが自ら究極攻略データベースってのを用意しているんですよ。確かにゲームの運営の中には攻略情報を載せているところもありますが、その時点でかなり珍しく、大体はファン攻略サイトでも見て下さいね~みたいな適当っぷりです。それなのに究極攻略を謳い文句にしたデータベースを公開しているわけです。それだけ運営自身がゲームを愛してやまないって感じがしてすごいんですよ。

自分たちが好きなゲームじゃなきゃ、良い運営なんてできっこないに決まっているじゃないですか。そりゃ仕事だから割りきってやっているのが普通だと思いますが、普通を脱却できないと品質向上なんてなかなか手に入るものでもないし、他の企業も見習って挑戦してもらいたいと感じていますね。モンスター進化の早見表とか進化モンスター入手場所とか、運営サイドで惜しげも無く公表していて好感が持てるのと同時に、しっかりしている印象を遊んでいる人たちに与えてくれてます。どこもかしこも、こういう運営方針ならもっと健全になるんじゃないかな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ