パズル&ドラゴンズは恐ろしくいいです

パズル&ドラゴンズはパズドラの愛称で知られております。というか、パズドラという名前しか知らない人の方が多いのではないでしょうか。私のように実際にプレイしている人であれば、パズル&ドラゴンズという正式名称は知っていますが、CMだけであれば、パズドラという名前しか出てこないのではないでしょうか。しかしながら、そうであっても、スマホゲームで最も人気のあるソフトがパズドラであるということを知らない人はほとんどいないでしょう。
いまどきのゲームは、ほとんどがスマホゲームでありまして、箱型のゲーム機とかでプレイするよりも、スマホゲームをプレイすることにはるかに時間を割いているというのが、現代人なのではないかと思われます。それもそのはず、ワンパターンなゲームと化してしまった箱型ゲーム機に比べまして、スマホゲームは心底楽しめる物ばかりだからです。
スマホゲームに任天堂は参入が遅れてしまいましたが、これはちょっと大きいミスではないでしょうか。もちろん、任天堂のような大きいメーカーがこれによってそれほど大きい損害を受けるということはそれはそれで考えにくいものがありますが、それでも、もうちょっと早くスマホゲームに参入すべきであったということは言えているのではないかと思われます。
そうすれば、パズル&ドラゴンズのようなモンスターソフトを任天堂が生み出すこともできたのではないでしょうか。もちろん、任天堂の底力というのは侮れないものがありますし、そういうものを歴史的に体感している我々といたしましては、その点につきまして一切不安を抱いてはいないのですが、しかし、やはり利益の稼ぎ時という観点からは、ちょっと損をしたのではないかという点は、指摘せざるを得ないのです。
どちらにしても、素晴らしいスマホゲームを日々プレイしていますと、心が豊かになってまいります。近ごろの日本社会がすこぶる穏やかなのは、そのためかもしれません、

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ