パズル&ドラゴンズは噂通り面白いゲームだった。

「パズドラ」というワードを最近よく耳にします。どうも「パズル&ドラゴンズ」というスマホアプリゲームのことのようです。ちょっと調べてみると、ドラゴンを倒すパズルゲームのようです。どうしてこんなシンプルなゲームが流行っているのでしょう?テクノロジーが発達したおかげで、今やiPhoneでも美麗なグラフィックを有したゲームを楽しめるというのに。正直に言うと、私はこのブームに怪訝を抱いていました。

ところが先日、「パズル&ドラゴンズ」にたいする私の偏見が覆される出来事がありました。家族みんなで「パズル&ドラゴンズ」を楽しんでいるという親戚が我が家を訪れたのです。その40半ばの夫婦は、ともに有名大学を出身したお医者様です。そんなインテリ夫婦が「パズル&ドラゴンズ」のような単純なゲームを嗜んでいるからには、やはりこのゲームには何かがあるのかもしれません。夫婦のお子さんもまたパズドラをこよなく愛する小学生の男の子なのですが、彼にしつこくせがまれ、私も仕方なくパズドラをプレイしてみることにしました。

半信半疑のままiPhoneに「パズル&ドラゴンズ」をインストールして、いざ初プレイ。横に座った親戚の子供が、ああだこうだとプレイ方法やルールを説明してくれたおかげで、面倒なチュートリアルを省略できたのは幸いでした。同じ色のブロックを3つ以上つなげて消すという、やはりシンプル極まりないゲーム性。しかし、意外にも、そのシンプルさが面白さの秘訣だったようで、やってもやっても飽きません。ブロックを揃えて消すたびに、小さな快感すらおぼえます。さらに、パズドラはRPGのゲーム性も備えているので、冒険をしているようなワクワクを感じることもできます。テトリスのように延々とブロック崩しするゲームよりは、はるかにストーリー性があるのです。なるほど、これは流行るわけです。

さらに、「パズドラ」はその音楽やモンスターデザインも魅力的です。BGMを担当しているのは、数々のゲーム音楽を作曲してきた伊藤賢治。どれも耳に残る素敵な音楽です。また、全部で400種類以上も登場するというモンスターは、見た目もさまざまで、収集する楽しみがあります。美少女モンスターなんてのも登場するのは今風なのでしょうが、ダンジョンで遭遇すると気分が盛り上がるものです。

流行っているゲームには、流行るだけの面白さがあるわけですね。「パズドラ」はシンプルゆえに誰でも楽しめる痛快なパズルRPGです。2012年の登場以来、衰えることの知らない人気を誇る「パズドラ」ですが、新陳代謝の激しいスマホアプリゲーム界では、異例のロングランヒットと言えるでしょう。私もこれから長くお世話になりそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ