パズル&ドラゴンズに関する考察

パズル&ドラゴンズをするまではほとんどスマホゲームをすることはありませんでした。もともとスマートフォンでのゲームはパソコンゲームなどよりも面白さが劣るものであると勝手に考えていたのですが、パズル&ドラゴンズを始めてからはその考えが間違いであったと思っています。
しかし、私がパズル&ドラゴンズを始めたのは、このスマホゲームが話題になってからかなりたってからでした。もちろん、電車などで若い人がなにか指を動かしてゲームらしきものをやっているということは見てわかっていましたし、一時的にはそのやっているスマホゲームがほとんど同じゲームであるということもなんとなく気が付いていました。それでも、パズル&ドラゴンズがそこまではやっていることはわかっていませんでしたから、違う種類のゲームがゲームのことをよく知らない私には同じゲームに見えてしまうのだろうとしか考えていなかった面もあります。
私が、パズル&ドラゴンズというゲームに感心を持った決定的な出来事は株式関連雑誌からでした。どこでその雑誌を見たのかはわすれてしまいましたが、自分で購入した雑誌ではなく、どこかに誰でも見れるようにしていた雑誌であったのは確かです。その雑誌にパズル&ドラゴンズを制作したガンホーオンラインエンターテイメントという会社の株式が桁違いの上昇をしており、その理由がパズル&ドラゴンズというスマホゲームの快進撃が理由である、という趣旨のことが書いてあったのです。スマホゲームはほとんどしませんでしたが、ゲーム自体が嫌いというわけではないので、やはりその記事のパズル&ドラゴンズというゲームには関心を持ちました。
自分のスマートフォンからパズル&ドラゴンズは無料でダウンロードしてみてプレイしてみました。もちろん、無料でゲームをできる範囲から始めたことは言うまでもありません。寝食を忘れるてゲームに没頭するということはありませんでしたが、それでも現在でも一年以上はパズル&ドラゴンズをやり続けているということは飽きない面白さがあることは否定できない事実です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ