やっぱりパズル&ドラゴンズから始まった

爆発的な人気を生み出し続けているスマートフォンのソーシャルゲーム業界だが、全てはパズル&ドラゴンズからスタートを切ったといっても過言ではない。まさにときの先駆者的存在であるといえるだろう。このパズル&ドラゴンズはそれまで、良くいえばシンプル、悪くいえばチープといったゲームアプリの世界を払拭させた、まさにスマートフォンのゲームアプリ界の風雲児といえる。分かりやすく戦国時代でたとえれば、覇王、織田信長といったところか。

このパズル&ドラゴンズは爆発的な人気を誇ったあと、続々と登場するライバルたちにがっぷり四つで正面からバチバチバースト並にぶつかり合っている。普通に考えれば、先行者不利で後から問題点をブラッシュアップして登場したゲームアプリのほうが有利になるのだが、パズル&ドラゴンズは全然負けていない。むしろ王者の風格すら感じ取れるような圧倒的な存在感を放ち続けている。

なぜパズル&ドラゴンズが未だに目まぐるしく展開するゲームアプリ界の中で、王者として君臨し続けられるのかというと、スマートフォンのネット通信機能を最大限に発揮できているからだろう。つまり、アップデート機能によって、後発のゲームアプリタイトルに負けないように、どんどん進化し続けているのだ。その気概は未だ色あせないといえるレベルで、ライバル企業たちにも見習ってもらいたい姿勢である。

ゲーム性としては、すでに完成されていて、やはり属性間の相性を活かした三すくみを突いた立ち回りをいかに手早く行えるかが熱さを生んでいるといえるのではないか。また、熱さでいったらレアドロップの仕組みも熱く、ついつい空いた時間があったらプレーしてしまう中毒性もある意味魅力となっている。インフレが進んでいるため、初期のカードはすでに一線級の戦力には数えられないが、思い入れもあるため、上手く再利用できるようなシステムを実装してもらいたいと切に願う次第である。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ